正しい選び方

40代の基礎化粧品

「お肌の曲がり角」なんて言葉もありましたが、肌や体質の大きな分岐点は40代と言われています。 ストレスが大きく悪影響を及ぼすようになるのも40代で、ストレス、肌トラブル、それがまたストレス、と言う負の連鎖も起きやすくなります。 最大の原因は女性ホルモンの減少であり、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少すると、肌の水分保持能力も衰えてしまいます。全ての肌トラブルの元凶と言ってもいいのが乾燥ですので、必然的に肌の健康はどんどんと損なわれていきます。 そこでおすすめの基礎化粧品は、「高保湿」の化粧水等です。 今までのケアを見直し、洗顔料をマイルドなものにかえるのもおすすめです。 40代になったら、今まで使用した事がない方でも、敏感肌用の化粧品を使ってみると言う一工夫もいいかも知れません。肌の健康が損なわれていると言う事は、肌が過敏になっていると言う事でもあります。低刺激な化粧品を使用するメリットは大きいのではないでしょうか。

認知されたエイジングケア

今までの化粧品は、「装飾」としての役割が主でしたが、現在では使用する事で美白の効果があったり、肌の健康を整える効果を期待出来る商品が、次々と開発されています。 40代、50代のエイジングケアも広く認知され、「60代におすすめの」と銘打たれた商品なども販売されています。 特に美白や高保湿をキーワードにした商品は種類も豊富で、アンチエイジングは今や当たり前の時代です。 また、「大人ニキビにおすすめ」「乾燥肌を改善」など、キャッチコピーでもわかるとおり、それぞれの症状に合わせた集中ケアを目的とした商品も目立ってきています。 ファンデーションや口紅なども保湿成分に注目された商品が多く、塗る事で負担をかけていた化粧品でしたが、塗る事で肌の健康を高める効果を期待する時代であると言えるでしょう。